出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

冬眠明け?カミツキガメ土だらけで発見 大津の農地

捕獲された特定外来生物のカミツキガメ(県提供)
捕獲された特定外来生物のカミツキガメ(県提供)

 滋賀県は14日、大津市大萱5丁目の農地で特定外来生物のカミツキガメ1匹が見つかったと発表した。

 カミツキガメは北中米原産。鋭い歯や爪があり、ペットとしての飼育は原則禁止されている。

 県自然環境保全課によると、県内での捕獲は24例目。4月26日夕、住民が見つけた。甲羅の長さ35センチ、体重9・3キロで全身に土が付いており、冬眠明けとみられるという。同課は「非常に攻撃的で素早いので、見つけた場合は安易に触らず、役所や警察に連絡してほしい」と注意を呼び掛けている。

【 2019年05月14日 20時49分 】

ニュース写真

  • 捕獲された特定外来生物のカミツキガメ(県提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース