出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

エボラ熱、コンゴ東部で猛威
紛争が治療妨げ、死者千人超

 コンゴ東部の治療施設で働く医療スタッフ=4月16日(AP=共同)
 コンゴ東部の治療施設で働く医療スタッフ=4月16日(AP=共同)

 【ナイロビ共同】コンゴ(旧ザイール)東部で、致死率が高いエボラ出血熱が猛威を振るっている。現地での鉱物資源を巡る紛争が治療や予防活動への妨げとなっており、5月上旬に死者は千人を突破、ウガンダなど周辺国へ広がる恐れもある。西アフリカの3カ国で、2013年12月からの約2年半で1万人以上が死亡した流行に次ぐ史上2番目の死者の多さだ。

 「(武装勢力の)攻撃でわれわれの活動が中断され、現場へ向かうのが一層困難になっている」。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は20日、年次総会の開幕式で演説し、十分に活動できないことへのいらだちをあらわにした。

【 2019年05月25日 21時26分 】

ニュース写真

  •  コンゴ東部の治療施設で働く医療スタッフ=4月16日(AP=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース