出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

元氷河「追悼式」、温暖化を警告
アイスランド、記念碑も設置

 18日、アイスランドで「オク氷河」だった火山に積もった雪の上を歩く人々(AP=共同)
 18日、アイスランドで「オク氷河」だった火山に積もった雪の上を歩く人々(AP=共同)

 【ロンドン共同】アイスランドは18日、地球温暖化の影響で「氷河」の地位を2014年に失った元氷河の「追悼式」を、氷が残る火山で開催し、記念碑を設置した。温暖化対策を強化しなければ他の氷河も解けてなくなると警告した。英BBC放送などが伝えた。

 地位を失ったのは中西部にあった「オク氷河」。アイスランドの氷河学者が積雪以前に融解が進んでいることに気付き、14年に同氷河の「死」を宣言した。式典にはヤコブスドッティル首相らが出席。環境活動家ら約100人が火山を登り、詩を朗読するなどした。記念碑には、今後200年で同国の全ての氷河が融解する危機的状況と記された。

【 2019年08月19日 10時16分 】

ニュース写真

  •  18日、アイスランドで「オク氷河」だった火山に積もった雪の上を歩く人々(AP=共同)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    環境・科学のニュース