出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジャンボタニシはタケノコがお好き 駆除実験で大量捕獲成功

タケノコの水煮を餌にした「おびき寄せ」のペットボトルに集まるジャンボタニシ(大山崎町円明寺)
タケノコの水煮を餌にした「おびき寄せ」のペットボトルに集まるジャンボタニシ(大山崎町円明寺)

 京都府大山崎町は、農家の大敵となっている外来生物「ジャンボタニシ(スクミリンゴカイ)」の駆除に向け、大量捕獲できる対策を進めている。今夏は町内の水田で、ジャンボタニシをおびき寄せる餌を模索しており、中でもタケノコの水煮が効果を上げている。水煮のどの成分を好んで集まってくるかは不明だが、町では「乙訓がタケノコの名産地だけに、外来種のタニシも相当なグルメのようだ」としている。

 ジャンボタニシは南米原産の巻き貝。体長は0・5ミリ~5センチで繁殖力が強く、国が有害動物に指定している。雑食性で稲を食い荒らす農家の厄介者だ。大山崎町によると、乙訓地域の農家でも2008年ごろから被害が報告されているという。

 一方で、稲はもちろん、環境や人体などへの影響から農薬を使っての駆除は難しい。人手に頼っても一度の捕獲量に限界があり、農家では以前から大量捕獲できる方法を望む声も多かった。

 このため、町経済環境課では今夏、駆除の効率を上げるためジャンボタニシを1カ所に集める餌に注目し、選定実験を始めた。2リットルのペットボトルの注ぎ口を切り取って餌を置く簡易の「おびき寄せ」装置を作り、農家の協力を得て水田に置いた。

 最初は、竹を砕いたチップなどを試してみたが失敗。しかし、タケノコの水煮を仕掛けると、1カ所に数匹程度であった竹チップと比べ、50匹を超えるジャンボタニシが集まり、網で一気に捕獲できた。

 同課の林亨参与は「ジャンボタニシの好みがにおいなのか、成分なのかは分からないが、大量捕獲できる餌の一つになることは間違いないと思う」と話す。町では今後も、町内の農家と餌の選定実験を続けてジャンボタニシが好む味やにおいとともに、捕獲後のタニシの処理方法を模索していくという。

【 2019年09月09日 14時36分 】

ニュース写真

  • タケノコの水煮を餌にした「おびき寄せ」のペットボトルに集まるジャンボタニシ(大山崎町円明寺)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    環境・科学のニュース