出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

20歳成人式、京都市は継続 和装業界配慮、政令市で初表明

20180918000136

 京都市の門川大作市長は18日の定例記者会見で、2022年の成人年齢引き下げ後も、成人式..... [ 記事へ ]

スポーツ

サッカーACL、鹿島が初の4強
天津権健下す

20180918000175

 【マカオ共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は18日、マカオでホーム..... [ 記事へ ]

経済

NY株、一時100ドル超高

20180918000180

 【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日か..... [ 記事へ ]

観光・社寺

初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画

20180918000091

 琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を初心者にも楽しんでもらおうと、滋賀県内の自転車愛..... [ 記事へ ]

教育・大学

ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

20180918000021

 三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

環境・科学

追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
ハナゴンドウ4頭

20180918000121

 和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]

社説2018年09月18日掲載

日本は捕鯨政策を根本から練り直す必要がある。国際捕鯨委員会(IWC)の総会がこのほどブラジルで開かれ、日本による商業捕鯨の一部再開提案が否決された。逆に商業捕鯨の停止継続が重要とする決議が採択され、商業捕鯨の再開は極めて困難な情勢になった。日本は今回の総会で、商業捕鯨の一時停止の解除と、捕獲枠や保護区の設定などの決定手続きを緩和する提案を合わせて提案した。保護区の設定をしやすくすることで反捕鯨国.. 続きを見る

凡語2018年09月18日掲載

集合後、思い思いに地域を歩く。喫茶店や飲み屋のはしごで会話を楽しむ人、街の成り立ちを調べたり路地裏を巡ったりする人…。1時間半後に再び集まり、見聞や体験を語り合いリポートにまとめる▼街歩きイベント「ウオーキン・アバウト」。演劇制作をはじめ文化振興の仕事に長年携わる大阪ガス・都市魅力研究室長の山納洋さんが4年前から「街の見巧者(みごうしゃ)を増やしたい」と参加者を募り、近畿57の街で催してきた▼見巧.. 続きを見る