読者に応える

 京都新聞社は、みなさんからの依頼や情報を受けて取材する双方向型報道「読者に応える」に取り組んでいます。身近で起きている困りごとや疑問について、以下の方法で情報をお寄せください。

「高齢者施設の選び方が分からない」。京都市内にあった有料老人ホームが昨年8月に突如閉鎖し、入居一時金を入居者に返還していない問題の取材を続けている中で、こうした声を読者などから数多く聞いた。2000年に介護保険制度が始まってから施設数は急増、種類も多岐にわたり、分かりにくいと感じている人が少なくないようだ。最近は経営難で倒産や閉鎖に追い込まれる施設は全国的に増えており、施設選びにはより一層の注意が必要だ。施設の種類と最近の動向をまとめた。特別養護老人ホーム(特養)、老人保健施設(老健)、介護療…(12/12)


取材リクエストの投稿方法

LINE

LINE

次のバナーをタップ 友だち追加
またはQRコードから友だちになってチャットしてください。

LINE友達追加QRコード

メール

専用メール

こちらから投稿してください。
メールアドレス:minna@mb.kyoto-np.co.jp

郵送

郵送

〒604-8577
京都市中京区烏丸通夷川上ル
京都新聞社 報道部
  読者に応える担当 宛

FAX

専用FAX

075-252-5454

京都新聞社 報道部
  読者に応える担当 宛

取材パートナー

 京都新聞は、読者から寄せられた情報を基に取材を展開する双方向型報道「読者に応える」の充実に向け、同様の取り組みを行っている西日本新聞、琉球新報、東京新聞、中国新聞と連携協定を結びました。 さらにその後、北海道新聞、岩手日報、河北新報、まいどなニュース(神戸新聞社・デイリースポーツ・京都新聞などが連携するニュースサイト)がパートナーに加わりました。
 パートナーの新聞社とは、取材エリアを越えて情報を交換するほか、双方向型報道に基づいた記事をそれぞれの新聞やウェブサイトで掲載します。情報の取り扱いについては細心の注意を払い、取材源も秘匿します。
 みなさんから寄せられた日常の困りごとや疑問、社会問題などの取材テーマが記者を動かし、ニュースとなり、さらには京都、滋賀を越えて広がる可能性があります。情報提供をぜひお願いします。

「人気お笑い芸人のブルゾンちえみさん似の女性に乗り逃げされた」。福岡市のタクシー運転手の男性(60)から悲痛な訴えが届いた。常習犯の疑いもあり、タクシー協会が注意を呼び掛ける事態になっている。取材を進めると、タクシー業界の苦しい現状が見えてきた。 男性はドライバー歴8年。昨年3月ごろ、明け方に同市中心部の歓楽街、中洲のラーメン店前から1人の女性を乗せた。女性は30歳前後で、おかっぱ頭。色白で、身長は165センチくらいだった。同市東区のマンションに着くと、女性は「お金がないので取ってくる」と言っ…(09/19)


※ いただいた情報等の取り扱いには万全の注意を払い、取材源の秘匿を厳守します。
※ 京都新聞がカバーする京都府、滋賀県以外のエリアの課題や裁判で係争中の事案など、個別に対応が難しい場合もあります。
※ すべてのご要望やご相談にお応えできるわけではありませんので、ご了承ください。その場合でも、今後の取材に生かしていく所存です。
※ 友だちの皆さんにアンケートをしたり、ご意見をお聞きしたりすることがあります。
※ いただいた情報は、取材パートナーに提供する場合があります。