お知らせ

事業団からのお知らせ

障害のある人たちを応援「工賃増へ向けての取り組み」助成受け付け(18/07/12)

障害のある人が働く作業所や授産施設などの工賃増の実現に向けた取り組みに対して助成します。

  • 対 象
    京都府、滋賀県内の障害者支援施設(就労継続支援事業所、地域活動センター、授産施設、小規模作業所など)で、障害のある人の工賃増を目指して、商品改良などの取り組みを本年度中に計画し、2019年度に実行できる団体

  • 助成内容
    @商品の改良・新商品開発のための材料・道具
    A商品の販売時に必要な物品、販路の確保・拡大のための経費
    B品質向上のための研修・指導料

  • 助成金額
    1団体上限20万円

  • 申請方法
    所定の申請書に記入し、必要書類を添えて、
    〒604―8577 京都新聞社会福祉事業団「工賃増」係
    075(241)6186へ。

     ▽「工賃増へ向けての取り組み」助成の要項はこちらから印刷できます(PDF/306KB)

     ▽「工賃増へ向けての取り組み」助成の申請書(PDF)はこちらから印刷できます(PDF/187KB)

     ▽「工賃増へ向けての取り組み」助成の申請書(EXCEL)はこちらからダウンロードできます(EXCEL/67KB)

  • 締め切り
    8月31日(金)必着

西日本豪雨 京都府豪雨 米原市竜巻救援金受け付け(18/07/11)

     記録的豪雨による西日本、京都府内の被災者救援、および米原市の竜巻と推定される突風による被災者救援のため、京都新聞と京都新聞社会福祉事業団は、「西日本豪雨災害救援金」「京都府豪雨災害救援金」「米原市竜巻災害救援金」を11日から8月31日(金)まで受け付けます。救援金は日本赤十字社などを通じて被災者に届けます。

      ▽ご持参=京都市中京区烏丸通夷川上ル、京都新聞ビル4階の同事業団窓口(土日祝日は休み)か、
      ▽現金書留=〒604−8577(住所不要)、
      ▽郵便振替=01010−1−9888=
     で、公益財団法人京都新聞社会福祉事業団へ。
     封筒や通信欄に「西日本豪雨災害救援金」「京都府豪雨災害救援金」「米原市竜巻災害救援金」のいずれかを明記してください。
     寄付者の氏名などを紙面で掲載します。匿名希望の方は申し出てください。
     手数料はご負担ください。
     物資などはお受けできません。
     問い合わせは同事業団075(241)6186へ。

    京都新聞、京都新聞社会福祉事業団

京都新聞福祉ボランティアグループ「TAGW(タッグ)」の
登録ボランティアを募集
(18/04/26)

京都新聞社会福祉事業団の各種福祉事業を応援する京都新聞福祉ボランティアグループ「TAGW(タッグ)」の登録ボランティアを募集します。ボランティア活動に興味のある人は、ぜひご参加ください。

  • 対 象
    ボランティア活動に興味や関心があり、18歳以上(高校生不可)からおおむね30歳くらいまでの人。

  • 定 員
    30人程度。

  • 活動内容
    福祉事業の進行補助、参加者のサポート、イベントの準備、福祉やボランティアに関する研修や講習会の開催など。

  • 申し込み・問い合わせ
    〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル、京都新聞社会福祉事業団「福祉ボランティア」係
     TEL075(241)6186・ファクス075(222)2515。