京都新聞TOP > 教育・大学 > 龍法さんと読む 経典の言葉
インデックス

(24)心はたくみなる画師の如し

世の中の見え方がまるで変わる

早くも師走である。12日には、恒例の「今年の漢字」が清水寺で発表される。世相を象徴する漢字一字の選定は楽しみに待つとして、自分自身を象徴する一字を選ぶなら何だろうか。

私は「忙」というに尽きる一年だった。住職就任など大きな行事がいくつもあり、常に法務や寺務に追い立てられた。そして、師走は大掃除に忙殺されて年の瀬が迫ってくる。小さいころは「もういくつ寝るとお正月」と口ずさみ、お正月がやってくるのを無邪気に指折り数えたものだったが、今、つい指折り数えてしまうのは、山門、本堂、廊下、畳など掃除のノルマである。掃除とは「心をみがく」ことだと教わったし、他人には日頃そのように説いているくせに、恥ずかしながら全く実践できていない。

 皆さんにとって、どんな一年だっただろう。今年一年の印象は人それぞれで異なる。「お正月」と聞いて無邪気にわくわくするか、師走のせわしなさを思うか、人それぞれである。

「心はたくみなる画師の如し」とは大乗経典『華厳経』の言葉である。同じ時代に同じ時間を生きていても、心の持ち方ひとつで世の中の見え方はまるで変化するという意味だ。さらに経典では、「一切は心に従いて転ず」と知ったときに「彼の人は真の仏を見るなり」と説かれている。

 私の2人の子供は今年も楽しそうに指折りお正月までの日数を数えるだろう。その光景をついのんきなものだと笑ってしまうなら、経典に語られるとおり「画師」の思うツボなのかもしれない。大人になれば忙しさに追い立てられ、知らず知らずのうちに心にふたをしてしまう。楽しいものを楽しく味わおうとする素直な心を取り戻してお正月を迎えたい。

世の中の楽しいことも苦しいことも、しょせんは私たちの心がつくり出しているにすぎない。それを知ることこそ、仏教の清らかな世界への入り口だと肝に銘じつつ、今日もまた心を込めてお寺のお堂の隅々まで磨いていこうと思う。

(池口龍法・「フリースタイルな僧侶たち」代表、龍岸寺住職)

【2014年12月02日掲載】