京都新聞TOP >Homecomings
インデックス

(6)丸太町駅

PERKS OF WAYSIDE SATURDAY

やっこ

 町の蕎麦(そば)屋が大好きである。何もない休日、確かあそこの角に良さそうな蕎麦屋があったよなぁ、とぼんやりした記憶をたどって自転車を走らせる。初めて入るお店では決まってかけそばを注文する。店内を見渡したり、常連客の様子をこっそり観察したり、ほこりっぽい昔の雑誌に目を通すにもいい。

 そうこうしている間に、温かな良い香りの湯気を纏(まと)ったかけそばが置かれる。いつだってかけそばはあっという間に出来上がる。ほんの少しだけ七味を振りかけ、そばと出汁(だし)を一気に啜(すす)る。なんとも幸せなひととき。そばをじっと眺めたり、つゆだけを啜って唸ってみたりなんてことは無粋である。理屈じゃない。すぐに伸びてしまうからだ。

 僕が住む町にもいくつか蕎麦屋さんがあるけれど、一番家から近いのが「やっこ」という店だ。そばの味も大好きだが、家から近いのが大事。大雨の降る昼間、どうにも体が重たい夕方、原稿に行き詰まる夜。家とやっこの行き来の短い時間だけでも、世間の様子が肌身で感じられるから不思議なものである。町の蕎麦屋とはそういった場所なのかもしれない。

やっこ
【2018年10月13日掲載】
Homecomings(ホームカミングス)

Homecomings
(ホームカミングス)

 京都在住の女性3人、男性1人のバンド。2012年に京都精華大フォークソング部で結成。メンバーは畳野彩加さん(ギター・ボーカル)福富優樹さん(ギター)福田穂那美さん(ベース)石田成美さん(ドラム)。つづきはこちらから