京都新聞TOP > スポーツ > 09女子駅伝 > 8区で9分台5人
インデックス

8区で9分台5人

区間記録
 区間新を記録した京都の久馬萌(綾部中)をはじめ、中学生区間の8区で5人が9分台をマークした。
 上りが続き9分台を出すのが難しい3キロ区間。だが区間2位の山口・福谷好恵(岐陽中)は「上りとは感じなかった」と振り返る。同3位の静岡・田中結女(富士岡中)も「序盤から流れに乗れた」と満足そうな様子だった。同4位の新潟・横山みわ(小須戸中)は「区間賞を狙っていたので悔しいが、10分台を切れたのはうれしい」と胸を張った。「自分の力を出し切りたい」と臨んだ同5位の兵庫・横江里沙(稲美北中)も10分を切る快走をみせた。

■13人抜きに笑顔
 佐賀の吉冨博子(佐賀陸協)が2区で区間2位の12分35秒と好走を見せた。実家の農業を手伝いながら自主練習に励んで実力をつけた苦労人は「びっくりです」と笑顔を見せた。40位でたすきを受けると「がむしゃらに走るだけだった」と一気に飛び出し、27位に浮上した。「あの小林(祐梨子)さんの次の順位に入れたことは自信になる」。都大路で弾みをつけ、25日の大阪国際女子マラソンに挑む。

■区間賞届かず/1秒を大切に/役割果たせた
 埼玉1区・後藤奈津子(日大、区間3位)15位を狙っていたので本当にびっくり。よく体が動いた。昨年は36位と足を引っ張ったので、埼玉に恩返ししたかった。
 山梨1区・飯野摩耶(第一生命、区間4位)「ひそかに区間賞を狙っていた。最初から突っ込まず、いい位置で走れた。85点ですね」
 愛知4区・伊沢菜々花(豊川工高、区間2位)昨年の13位と比べると大きな進歩だけど、もう少しで1位に届いたかもしれないと思うと悔しい。
 愛知5区・加藤麻美(豊川高、区間3位)昨年は抑え気味に走って失敗したので、今回は最初から飛ばしていったのが良かった。
 岡山6区・久保木亜衣(興譲館高、区間1位)次の人のために1秒1秒、大切に走った。イメージ通りのリズムがつくれた。高校最後の思い出にいい経験ができた。
 群馬7区・横沢永奈(常盤高、9人抜きで区間4位)調子が上がっていたので、思い切り走れた。走り終わって、役割が果たせたうれしさがこみ上げてきた。
【2009年1月12日掲載】