京都新聞TOP > 京都サンガ応援特集

小屋松、望月獲得へ

小屋松知哉氏
小屋松知哉氏
望月嶺臣氏
望月嶺臣氏

 J2京都サンガFCが、来季J2に降格する名古屋からFW小屋松知哉(21)=京都橘高出=とMF望月嶺臣(21)=野洲高出=を完全移籍で獲得することが16日、関係者への取材で分かった。京都橘高からの来季加入は3年FW岩崎悠人(18)、同高出身で東洋大MF仙頭啓矢(21)に次いで3人目となる。

 小屋松は京都府久御山町出身で171センチ、62キロ。俊足を生かした突破と得点感覚を併せ持つ。宇治FCから同高へ進み、2年時の全国高校選手権で仙頭とともに大会得点王となって準優勝。主将を務めた3年時も全国4強入りした。2014年に名古屋に加入し、3年間でJ1通算29試合出場1得点。今季は6試合に出場した。U-18、22日本代表。

 滋賀県竜王町出身の望月は167センチ、62キロ。高い技術で得点に絡むゲームメーカーで、セゾンFCから野洲高へ入り、1、3年時に全国選手権に出場した。各年代別の日本代表に選ばれ、U-17ワールドカップ8強に貢献した。13年に名古屋入りし、J1で計6試合に出場。今季はJ2山口に期限付き移籍し、10試合出場1得点。

【2016年12月17日掲載】