京都新聞TOP > 京都サンガ応援特集

永井獲得へ、京都橘高出身のGK

永井建成氏
永井建成氏

 京都サンガFCが、J2熊本からGK永井建成(21)=京都橘高出=を完全移籍で獲得することが27日、関係者への取材で分かった。また、DF菅沼駿哉(26)がJ2山形へ完全移籍することも明らかになった。

 永井は長岡京市出身で185センチ80キロ。FC長岡京から同高へ進み、来季加入が内定している同学年のFW小屋松知哉(21)とともに、2年時に全国高校選手権準優勝、3年時も全国4強に貢献した。2014年に熊本入りしたが、リーグ戦出場はなかった。京都橘高からの来季のサンガへの加入は3年のFW岩崎悠人(18)、同高出身のMF仙頭啓矢(21)、小屋松に次いで4人目となる。

 菅沼は15年に磐田から加入し、今季は守備の要としてリーグ39試合出場1得点。2年間で73試合出場2得点だった。

【2016年12月28日掲載】