社説 京都新聞トップへ

袴田事件の決定  再審回避の意図透ける

 刑事裁判の原則「疑わしい場合は被告人の利益に」に反する決定ではないか。
 1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)の第2次再審請求で、東京高裁は再審開始を認めた2014年の静岡地裁決定を取り消した。
 争点となったのは、静岡地裁が確定判決に対する疑義の決め手とした証拠衣類のDNA鑑定だが、東京高裁は「過大評価している」と指摘した。
 同地裁が指摘した「捜査機関による証拠のねつ造の可能性」も「具体的根拠に乏しい」と疑問を呈した。
 「無罪の可能性を示唆」して「拘置は正義に反する」とまで言い切った静岡地裁決定を取り消すにしては、「過大評価」や「根拠に乏しい」とは、歯切れが良くない決定である。
 最高裁は再審の判断枠組みを示した1975年の「白鳥決定」で「有罪への疑問が残れば再審開始とすべき」としている。
 東京高裁の決定理由は「有罪への疑問」を解消したとは、到底いえないのではないか。
 東京高裁は袴田さんの死刑と拘置の執行停止は取り消さなかった。
 年齢や精神状況を考えれば当然の措置であるとはいえ、再審開始を回避することだけが狙いだった、と指摘されても仕方がない。
 第2次請求審では、裁判所が検察に対し保管する証拠の開示を促し、約600点が開示された。
 その中には、袴田さんを有罪とするには不自然なものが幾つもあった。有罪証拠となったズボンのサイズが袴田さんにははけない細身用を示していたことなどだ。
 東京高裁はこうした点について判断しなかった。
 抗告審の過程では、検察が長く「存在しない」と説明してきた証拠衣類の写真ネガの存在が明らかになった。
 静岡地裁は証拠衣類の写真の色合いの不自然さを指摘し、DNA鑑定と合わせて再審開始を決定した。
 自らに不利な判断が出ると、ないと主張していた証拠が見つかったというのはいかにも不自然だ。
 弁護側は最高裁に特別抗告する方針だが、地裁と高裁の判断が正反対のため最終的な結論が出るには時間がかかるとみられている。
 冤罪(えんざい)の場合は救済も必要だ。袴田さんの年齢を考えれば一刻の猶予もない。真相解明を時のかなたに追いやることは、許されない。

[京都新聞 2018年06月12日掲載]

バックナンバー
 
著作権は京都新聞社に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)