出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ブラジルでダム決壊、7人死亡
150人が不明

 【サンパウロ共同】ブラジル南東部ミナスジェライス州ブルマジニョで25日、世界最大の鉄鉱石会社バーレ所有の鉱山のダムが決壊し、州当局によると少なくとも7人が死亡、同社関係者ら約150人が行方不明になった。地元メディアが伝えた。

 ダムは採鉱の際に出る残留物などをためるもので、決壊の原因は不明。バーレのシュバルツマン最高経営責任者(CEO)は「残念ながら多くの犠牲者が出たとみられる」と述べた。現地からの映像によると、下流で家屋が崩壊したり、車両が泥水に漬かったりした。

 ミナスジェライス州は金や鉄などの鉱物資源が豊富なことで知られる。

【 2019年01月26日 10時26分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース