出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

米制裁ならトルコ対抗措置
来月S400導入と大統領

 20日、トルコ・イスタンブールで一部外国メディアと会見するエルドアン大統領(トルコ大統領府、KAYHAN・OZER、アナトリア通信提供・共同)
 20日、トルコ・イスタンブールで一部外国メディアと会見するエルドアン大統領(トルコ大統領府、KAYHAN・OZER、アナトリア通信提供・共同)

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は20日、ロシア製の地対空ミサイルS400の導入を巡り米国がトルコに制裁を科す場合、対抗措置を取ると述べた。ロシアとのS400の契約は完了しており、7月前半に導入されると明言した。イスタンブールでの一部外国メディアとの会見で語った。

 28日開幕の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の際にトランプ米大統領とこの件を議論するとし、米国が制裁を科すとは思っていないとも述べた。

 トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国だが、近年ロシアと関係を強化している。

【 2019年06月21日 00時16分 】

ニュース写真

  •  20日、トルコ・イスタンブールで一部外国メディアと会見するエルドアン大統領(トルコ大統領府、KAYHAN・OZER、アナトリア通信提供・共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース