出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

イスラエル首相在任が最長に
13年超、「建国の父」抜く

 イスラエルのネタニヤフ首相(ロイター=共同)
 イスラエルのネタニヤフ首相(ロイター=共同)

 イスラエルのネタニヤフ首相は20日、通算在任期間が「建国の父」とされる初代首相、故ベングリオンを抜き同国史上最長となった。ネタニヤフ氏の在任は13年4カ月余りで、地元メディアによると4876日。トランプ米政権との良好な関係や経済発展を評価する声がある一方、成果に乏しいとの指摘もあり「国の礎を築いたベングリオンとは比較にならない」との見方が大勢だ。

 ネタニヤフ氏は1996年6月に史上最年少の46歳で首相に就任したが、約3年で政権が崩壊。2009年3月に返り咲き、さらに13年と15年の選挙で続投を決め、10年を超える長期政権を築いている。

【 2019年07月20日 18時11分 】

ニュース写真

  •  イスラエルのネタニヤフ首相(ロイター=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース