出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

高校生平和大使、核廃絶訴え
欧州で、各国代表に

 19日、ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部を訪れた高校生平和大使ら。高見沢将林軍縮大使(左端)に千羽鶴を手渡した(共同)
 19日、ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部を訪れた高校生平和大使ら。高見沢将林軍縮大使(左端)に千羽鶴を手渡した(共同)

 【ジュネーブ共同】核兵器廃絶を訴える署名を携えた「高校生平和大使」が19日、スイス西部ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部を訪れ、集まった各国の外交官らに、核廃絶への思いを直接訴えた。

 平和大使23人は18日深夜にジュネーブに到着。19日は高見沢将林軍縮大使と会談後のレセプションで、ジュネーブに駐在する約30カ国の大使らと懇談した。

 新潟第一高2年の石橋美羽さん(17)は、熊本県立第二高2年の島崎亜季子さん(16)と共に、各国の外交官に次々と積極的に話し掛け「核廃絶に賛成されますか」と大胆に質問した。

【 2019年08月20日 10時31分 】

ニュース写真

  •  19日、ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部を訪れた高校生平和大使ら。高見沢将林軍縮大使(左端)に千羽鶴を手渡した(共同)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    国際のニュース