《祇園祭・夏越祭》
写真

1カ月にわたった祇園祭を締めくくる「夏越祭(なごしさい)」が31日午前、京都市東山区の八坂神社境内の疫神社で行われた。祭りの無事終了を感謝し、訪れた参拝者が疫病退散を願って大きな茅(ち)の輪をくぐった。

夏越祭は、スサノオノミコトが旅の途中、疫神社の祭神である蘇民将来にもてなされた返礼に、その子孫からは疫病を退ける約束をした、との伝承にちなむ神事。

午前10時からの神事には、氏子や各山鉾町、神輿(みこし)会の代表ら約300人が参列。森寿雄宮司が「今年はとても雨が多く、大変印象に残る祇園祭でした。1カ月間のご奉仕に感謝を申し上げます」とあいさつした。

参列者は高さ2メートルを超す茅の輪を順にくぐり、無病息災を願って茅(かや)を少しずつ抜いて持ち帰った。

(約1分20秒)
Windows Media形式
<閉じる>