12月下旬


▲上旬 ▲中旬


▼21日(土)

『終い弘法』
 毎月21日、東寺の境内で開かれている「弘法さんの縁日」の1年最後の縁日市。正月用の葉牡丹、荒巻鮭の露店や植木市も立ち、人出もふだんの倍となる。
メモ:東寺(075-691-3325)
   京都市南区九条
   京都市バス「東寺東門前」下車すぐ
   近鉄電車「東寺駅」下車、徒歩約10分



▼25日(水)

『終い天神』
 毎月25日、北野天満宮の境内で開かれる「天神さんの縁日」の1年最後の縁日市。正月の縁起物「大福梅」を求めて、長蛇の列が出来る。露店も数多く立ち、威勢のよい掛け声が挙がる。
メモ:北野天満宮(075-461-0005)
   京都市上京区馬喰町
   京都市バス「北野天満宮前」下車すぐ



▼25日(水)

『御身拭式』
 知恩院の本堂のお厨子に安置されている浄土宗の宗祖・法然上人の木像のほこりを、香染の羽二重の布で丁寧に拭う儀式。特に500人余りの僧侶が一斉に念仏を唱和する光景は、京都の名物行事の一つとなっている。
メモ:知恩院(075-531-2111)
   京都市東山区林下町
   京都市バス「知恩院前」下車、徒歩約5分
   13:00〜


▼31日(火)

『をけら詣り』
 大晦日から元旦の朝にかけて八坂神社に参詣して、「をけら火」を授かる伝統行事。をけらとはキク科の草で、火で燃やすと臭いが出るので、昔から疫神を追い払うと信じられてきた。この「をけら火」を火種に正月の雑煮をたくと、1年間、無病息災がかなうと伝えられている。
メモ:八坂神社(075-561-6155)
   京都市東山区祇園町北側
   京都市バス「祇園」下車すぐ
   除夜祭/19:00〜


▲観光・社寺▲  ▲中旬  ▼1月上旬