1. 京都新聞
  2. 観光・社寺
  3. 京都・滋賀の桜情報 2019
  4. 名所一覧
  5. 醍醐寺

桜の名所 (2019年版)

醍醐寺 だいごじ

京都市伏見区醍醐東大路町22
電話:075-571-0002

 総門から仁王門にかけての「桜の馬場」では、ソメイヨシノや山桜が隙間なく咲き乱れる。国宝・五重塔を背景に咲く枝垂れ桜は圧巻。
 太閤・秀吉が、応仁の乱で荒廃した寺を復興するとともに、畿内から約700本の桜を植樹し、1598(慶長3)年に「醍醐の花見」を行った。この故事にならい、毎年4月第2日曜日午後1時から、「豊太閤花見行列」が催される。
(2010年撮影)
【 時 間 】 午前9時~午後5時(受付終了は午後4時)※季節により変動
【 料 金 】 三宝院、伽藍、霊宝館の3か所共通 大人1500円(3月20日~5月15日、10月15日~12月10日以外は800円)、中高生1000円(同600円)
【夜間拝観】
【桜の本数】 約1000本
【 交 通 】 市営地下鉄「醍醐駅」下車、徒歩約10分。または「山科駅」、「京阪山科駅」から京阪バス「醍醐寺前」下車すぐ。京都駅八条口から京阪バス「醍醐寺」下車すぐ。

動画:醍醐寺(2014年4月2日)



桜の名所

(2019年版)

醍醐寺 だいごじ

京都市伏見区醍醐東大路町22
電話:075-571-0002

 総門から仁王門にかけての「桜の馬場」では、ソメイヨシノや山桜が隙間なく咲き乱れる。国宝・五重塔を背景に咲く枝垂れ桜は圧巻。
 太閤・秀吉が、応仁の乱で荒廃した寺を復興するとともに、畿内から約700本の桜を植樹し、1598(慶長3)年に「醍醐の花見」を行った。この故事にならい、毎年4月第2日曜日午後1時から、「豊太閤花見行列」が催される。
(2010年撮影)
【 時 間 】 午前9時~午後5時(受付終了は午後4時)※季節により変動
【 料 金 】 三宝院、伽藍、霊宝館の3か所共通 大人1500円(3月20日~5月15日、10月15日~12月10日以外は800円)、中高生1000円(同600円)
【夜間拝観】
【桜の本数】 約1000本
【 交 通 】 市営地下鉄「醍醐駅」下車、徒歩約10分。または「山科駅」、「京阪山科駅」から京阪バス「醍醐寺前」下車すぐ。京都駅八条口から京阪バス「醍醐寺」下車すぐ。

※地図の中心は名所の位置を正確に指し示しているものではありませんので、予めご了承ください。



嵐山石清水八幡宮宇治橋上流雨宝院梅宮大社大原大原野神社岡崎(琵琶湖疎水沿い)勧修寺上賀茂神社京都御苑京都市動物園京都府立植物園清水寺祇園白川鞍馬寺蹴上インクライン高台寺国立京都国際会館 春の庭園特別開放金戒光明寺御香宮神社三千院勝持寺(花の寺)渉成園(枳殻邸)正法寺真如堂地蔵禅院常照皇寺常照寺城南宮千本釈迦堂(大報恩寺)妙心寺・退蔵院宝が池公園玉川堤の桜大覚寺醍醐寺知恩院哲学の道天龍寺東寺等持院半木の道南禅寺二条城二尊院仁和寺原谷苑東山自然緑地平野神社毘沙門堂門跡平等院平安神宮・神苑法金剛院本隆寺墨染寺円山公園妙蓮寺善峯寺淀川河川公園背割堤地区嵐電(京福電車)北野線 桜のトンネル立本寺龍安寺六孫王神社