Kyoto Shimbun 山野草
  サルトリイバラ  


節句にもち包む所も

photo
秋には雌株に丸く赤い果実をつける

 日本全国で見られるつる性の落葉低木。つるは堅く、節ごとに曲がり、ところどころにとげがある。雌雄が別々の株なので、雌株に緑色の小さな花を咲かせ、秋に赤い丸い果実をつける。

 とげのある茎を伸ばし、つるを利用して枝から枝へ絡み付き、そこに猿が追い込まれ捕まってしまうという意味で『猿捕りイバラ』と名付けられた。

 西日本では、昔から節句にもちをカシワで包む代わりに、この葉で包む風習がある。

(わち山野草の森・小川幸子)


▲掲載順もくじ▲  ▲50音順もくじ▲