1. 京都新聞
  2. 観光・社寺
  3. 京都・滋賀の梅情報 2018
  4. 梅の名所
  5. 彦根城

梅の名所 2018

彦根城ひこねじょう

所在地:彦根市金亀町1番1号
電 話:0749-22-2742(彦根城管理事務所)
 大手門から入ってまもなく米蔵跡の梅林に約400本の紅、白梅が咲き誇る。天守、馬屋前をはじめ、城内には親善都市・水戸市から贈られた“しだれ梅”なども植えられている。
(2009年撮影)
【 梅の数 】 約400本
【 時 間 】 午前8時30分~午後5時
【 料 金 】 一般800円、小中学生200円
【 交 通 】 JR琵琶湖線「彦根駅」下車、徒歩約10分
【 由 来 】  1950年に新日本観光地百選に彦根城が選ばれたのを記念して、城南側の米蔵跡に紅梅と白梅が植えられた。彦根城は姫路城などとともに国宝4城の一つに数えられ、明治時代の廃城令や戦火を免れた築城当時の城である、国宝の天守、重文の天秤櫓、西の丸三重櫓などの姿を眺めることができる。
動画:

梅の名所

2018年分

彦根城ひこねじょう

所在地:彦根市金亀町1番1号
電 話:0749-22-2742(彦根城管理事務所)
 大手門から入ってまもなく米蔵跡の梅林に約400本の紅、白梅が咲き誇る。天守、馬屋前をはじめ、城内には親善都市・水戸市から贈られた“しだれ梅”なども植えられている。
(2009年撮影)
【梅の数】 約400本
【時 間】 午前8時30分~午後5時
【料 金】 一般800円、小中学生200円
【交 通】 JR琵琶湖線「彦根駅」下車、徒歩約10分
【由 来】  1950年に新日本観光地百選に彦根城が選ばれたのを記念して、城南側の米蔵跡に紅梅と白梅が植えられた。彦根城は姫路城などとともに国宝4城の一つに数えられ、明治時代の廃城令や戦火を免れた築城当時の城である、国宝の天守、重文の天秤櫓、西の丸三重櫓などの姿を眺めることができる。

※地図の中心は名所の位置を正確に指し示しているものではありませんので、予めご了承ください。