アート新・古・今 京都の時空に遊ぶ《9》釘抜地蔵の絵馬と吉仲太造の「現代美術」 苦を抜く信仰と苦を背負った絵画の優しさ



釘抜地蔵堂の周囲の壁面には、2本の釘と釘抜きをセットにした絵馬がずらりと並び、独特の景観をつくる