The Kyoto Shimbun

この企画は、現場記者が、それぞれのテーマについて、様々な角度からニュースを掘り下げます。
取材の過程で感じたことや、記事からこぼれたエピソードもふんだんです。

バックナンバー 2018年4月〜2018年9月
2018年9月
■宇治田原町の観光人気上昇 変わる町に期待と不安(京田辺・学研総局 広瀬聡子)
[2018年9月26日掲載]
■「京都ダルク」移転 施設側と地元住民、溝深く(報道部 三皷慎太郎)
[2018年9月19日掲載]
■「ももクロ」でまちおこし 知名度向上どう生かす(滋賀北部総局 森田明理)
[2018年9月12日掲載]
2018年8月
■舞鶴で相次ぐ水害 人口減対策としての防災(舞鶴支局 石田真由美)
[2018年8月29日掲載]
■地方議員の政務活動費 統一地方選の判断材料に(報道部 小川卓宏)
[2018年8月22日掲載]
■日吉ダム非常用ゲート開放 防災体制問い直す機会に(南丹支局 本好治央)
[2018年8月15日掲載]
■てんかん起因の事故防止へ 移動保障へ多様な支援を(報道部 田代真也)
[2018年8月8日掲載]
■「eスポーツ」はスポーツか まずは選手の声聞いて(運動部 後藤創平)
[2018年8月1日掲載]
2018年7月
■湖国のコメ作り 将来見据え経営戦略を(滋賀本社 広中孝至)
[2018年7月25日掲載]
■南座11月新開場 新鮮な歌舞伎、古典こそ(文化部 三好吉彦)
[2018年7月18日掲載]
■文化財の「活用」 目先の利益追求を危惧(報道部 日山正紀)
[2018年7月11日掲載]
■福知山市文書廃棄問題 職員の意識改革徹底を(北部総局 増山遼)
[2018年7月4日掲載]
2018年6月
■帰宅困難者対策 柔軟運用で情報提供を(報道部 竹下大輔)
[2018年6月27日掲載]
■着物産業のこれから 商慣行改め市場活性化を(報道部 今口規子)
[2018年6月20日掲載]
■「甲賀忍者」日本遺産認定1年 観光振興の妙案見えず(甲賀支局 門田俊宏)
[2018年6月13日掲載]
■外国人の日本語教育 国挙げ仕組みづくりを(南部支社 堤冬樹)
[2018年6月6日掲載]
2018年5月
■五輪ボランティア 厳しい条件、負担軽減を(運動部 田中俊太郎)
[2018年5月30日掲載]
■京大の管理強化 「学風」と裏腹、対話重視を(報道部 広瀬一隆)
[2018年5月23日掲載]
■国民民主党 多難な船出 内向き脱しゼロから再構築を(東京支社 笹井勇佑)
[2018年5月16日掲載]
■嵐山のまちづくり 景観生かす地域像模索(報道部 加藤華江)
[2018年5月9日掲載]
■福知山の公共交通空白地 住民視点、見直しに必要(北部総局 井上真央)
[2018年5月2日掲載]
2018年4月
■出産・育児と議員の両立 求められる意識改革(洛西総局 大西成美)
[2018年4月25日掲載]
■京都府知事選福山氏善戦 支持広げた「市民共闘」(報道部 吉永周平)
[2018年4月18日掲載]
■湖東病院事件再審決定 危うさはらむ自白偏重(報道部 江夏順平)
[2018年4月11日掲載]
■戦時下の文学 「抑圧」表現問い直す意味(文化部 阿部秀俊)
[2018年4月4日掲載]

取材ノートからTOP▼2017年10月〜2018年3月
 

各ページの記事・写真は転用を禁じます
著作権は京都新聞社に帰属します
ネットワーク上の著作権について―新聞・通信社が発信する情報をご利用の皆様に(日本新聞協会)
電子メディアおよび関連事業における個人情報の取り扱いについて
京都新聞
京都新聞TOP