Kyoto Shimbun  '99京都10大ニュース
〔9〕 舞鶴市の海上自衛隊援護艦が実弾誤射

実弾を誤射した護衛艦「はるな」の機関砲(舞鶴市北吸)

 海上自衛隊の護衛艦「はるな」が二月十八日、舞鶴港停泊中に二〇ミリ機関砲の実弾二発を同港から東の青葉山付近に誤射した。

 事件発覚は四カ月後の六月十六日。二等海曹が訓練で撃ち残した実弾を機関砲内に隠したのが原因で、被害がなかったため護衛艦隊司令官が報告せずに公表が遅れた。

 防衛庁幹部らが舞鶴市や府に陳謝し、計十八人を処分。

 しかし、強力な殺傷能力を持つ実弾が住民の知らない間に住宅地を飛び越えていた衝撃は大きく、全国的に武器類のずさんな管理や不祥事を隠す自衛隊の体質に怒りの声が上がった。


▼京都10大ニュース(10)▼   ▲INDEX▲