bjリーグ 京都チームの名称は

「京都ハンナリーズ」のチーム名を発表するスポーツコミュニケーションKYOTOの多田羅社長(左)と後藤ゼネラルマネジャー=京都市南区

 男子プロバスケットボール「bjリーグ」に来季から参入する京都のチーム名称が「京都ハンナリーズ」に決まった。十七日、運営会社のスポーツコミュニケーションKYOTO(京都市南区)が発表した。

 新名称は京言葉である「はんなり」から考案された。同社の多田羅隆文社長は「京都らしい上品さや華やかさを示す言葉。強さや格好良さそうな言葉より最適と考えた」と意図を説明した。運営会社のスタッフが考えた五百件近い候補から選んだ。

 新チームは二〇〇九年十月に開幕する来季から参入する。今後はヘッドコーチの選定や選手獲得を進め、開幕への準備を続ける。

 今季のbjリーグは新加入した滋賀レイクスターズなど十二チームで十月から熱戦を繰り広げている。来季は京都を加えた十三チームとなる。

 多田羅社長は「全国チームとの対戦で『はんなり』の言葉を伝え、京都のPRにもなれば」と期待している。新チーム名のロゴマークを一般公募する。

(2008年11月17日付け夕刊紙面から)

bj 来秋開幕にらみ第一歩
京都チーム名称 「ハンナリーズ」に

知名度アップへロゴデザイン公募 GMも決定

「京都ハンナリーズ」のチーム名を発表するスポーツコミュニケーションKYOTOの多田羅社長(京都市南区)

 男子プロバスケットボールbjリーグに来季新加盟する京都のチーム名が17日、「京都ハンナリーズ」に決まった。運営会社のスポーツコミュニケーションKYOTO(京都市南区)は新名称のデザイン公募などでチームの浸透を図る。運営の核となるゼネラルマネジャー(GM)も決まった。来年10月の開幕戦まで1年をきり、チームは第一歩を踏み出した。

 新チーム名は同社のスタッフが候補を出し、京言葉の「はんなり」から考案した。多田羅隆文社長は「京都を一言で言い表せる素晴らしい言葉」と意図を説明した。

 GMには後藤純也氏(35)が就任。後藤GMは支援会社の社員で社内公募を経て選ばれた。11月1日付で運営会社に出向し専従で事務を取り仕切る。ほかに専従スタッフ2人が内定しており12月から活動を始める。

 11月22日、西京極総合運動公園で行われる「みんなのスポーツフェスタ」(京都市体協主催)にチーム紹介のコーナーを設ける予定。今後、ヘッドコーチの選定や選手獲得など数多くの仕事がめじろ押しだ。地元京都でもまだ知名度は低く課題も多い。多田羅社長は「選手やコーチの選定は全く白紙だが、チーム名やGMが決まりやっと本格的に動きだせる」と前向きに語る。

 ロゴデザインの公募は1月19日まで。採用された人には副賞もある。問い合わせは同社TEL050(5533)5588へ。

(2008年11月18日付け紙面から)

あらかると SPORTS