ヴィッツレースの北川晃―関西シリーズ最終戦は2位

■2010年の9レースに挑戦

愛車と並ぶ北川選手

 公道を走る(ナンバープレートがついている)トヨタ自動車のヴィッツによるカーレース、「ネッツカップ ヴィッツレース」に、京都市山科区の北川晃選手(25歳)が挑戦を続けている。2010年から本格的に参戦、9戦にフル出場する予定で、まずは「表彰台(3位内)が目標」という。レースに挑むドライバーであると同時に、車体や、バイク用のヘルメットを飾るスプレーアートにも非凡な才能を発揮しており、目指すは「アーティスト的なレーシングドライバー」だ。


■自動車が「ゆりかご」だった

富士山を背に走る北川選手のヴィッツ

 北川選手は1984年12月生まれ。父で、精密機械製作の京都市山科区・北川工作所社長の昌志さん(55歳)は、20歳代の時にフォーミュラカーのレーシングドライバーだった。兄の剛さんも早くからレーシングカートに乗っており、北川選手は、小さいころから自動車が身近な存在だった。

 中学2年のとき、その兄がオーストラリアのカートレースに出場、北川選手は観戦に同行、オートレースに強く魅せられた。

 もともと、画家を志望するほど絵が好きだった。兄と一緒にカートレースにも出ていた高校(京都学園高)2年のとき、イギリスに7カ月留学。素晴らしい壁画に刺激を受け、スプレーアートを始め、独学で腕を磨いている。

ヴィッツレースの模様

 京都産業大に進学、アートサークルに所属。同大学では、何かにチャレンジする学生を支援する制度を設けていて、北川選手は、厳しい学内選考を経て支援を得られた。レースにデビュー、2戦目で6位入賞し、「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」などを受賞した。

 大学卒業後、2007年に単身オーストラリアに行き、日本人では初めて「オージー・レーシング・カーレース」に出場、3戦を経験した。帰国後、2009年には、「ネッツカップ ヴィッツレース」に3回出場した。

 さまざまな経験を積み、いよいよ2010年から、ヴィッツレースへの本格参戦を始めた。京都市内のトヨタ車のディーラー、ネッツトヨタヤサカの「ヤサカレーシング」に所属している。

ヤサカレーシングのスタッフら

 北川選手は「これまでに、海外のレースを含めて、混戦バトルの走り方、位置取り、結果につながる抜き方、あるいは抜かれ方などいろいろと学んできた。そろそろ結果(3以内)を出したいと思っている」と前を見据える。


■レースは性能互角の市販車マシーン

 サーキットを走るカーレースは、「F1」を頂点に、自動車の種類・性能によってさまざまなカテゴリーに分かれている。北川選手が参戦している「ヴィッツレース」は、一般の自動車の車検を受けているクラスに属している。従って、公道を走ってサーキットに行き、レースが終わったら、また公道を走って帰ることが可能。車検に違反する改造はできないため、基本的に車の性能は同じ。勝負は、ドライバーの腕にかかっている、と言っても過言ではない。

 ヴィッツレースは、トヨタのヴィッツ(エンジンは現在1500cc)だけが出場する。1981年に、トヨタ車のスターレットのレースが始まったが、その後継レースとして、2000年にヴィッツレース(当時はエンジン1000cc)が始まった。一般車といっても、レースに出るには、ドライバーはA級ライセンスが必要だ。

 全国を5つの地域に分け、合計17戦が行われる。入賞者には賞金が出る。さらに、日本一決定戦であるグラントファイナル戦がある。

■関西、関東の計9戦に挑む北川選手

 北川選手が今季出場(予定)するレースは以下の通り。

【シリーズ】【開催日】【会場】
関西 第1戦4月25日岡山国際サーキット(岡山県美作市)
関東 第1戦5月 2日富士スピードウェイ(静岡県小山町)
関西 第2戦5月29、30日鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
関東 第2戦6月27日ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)
関西 第3戦7月10、11日鈴鹿
関東 第3戦8月28、29日富士
関東 第4戦9月26日富士
関西 第4戦10月10日岡山
グランドファイナル11月13、14日富士

■今季開幕から連続入賞

 北川選手のレース結果、コメントは以下の通り。

【関西第1戦(32台)】 ▽予選 4位  ▽決勝 5位

○コメント
 関西シリーズは激戦区として知られている。第1戦は、昨年のシリーズトップ3がエントリーしてきた。午前に予選、午後に決勝だ。午後2時半、晴天の中で決勝スタート。2、3週目と3番手争いがヒートアップ、5番手後方からチャンスをうかがうが、4周目もペースが上がらず、5位でフィニッシュ。優勝は峯選手だった。今回は、予選順位から考えると決勝でさらに上位を狙えたので、悔しい結果となった。しかし、今後につながる経験ができた。

【関東第1戦(83台)】 ▽予選 11位 ▽決勝 6位

○コメント

 今回は、日本国内の最高峰レース「スーパーGT」の前座として行われ、全国のチャンピオン戦並みの混戦レースだった。

 日本でも一番人気を誇る関東シリーズ。「富士スピードウェイ」は日本最長1.5キロものストレートが特徴だ。昨年の関東・関西・東北のチャンピオンがエントリーした。予選から僅差のバトルとなり、私は総合11位からの決勝スタート。1周目から激しく後ろから追突されたが、9位、そして2周目には7位と好スタートだった。4周目にはトップグループが9台にもなる混戦のなか、アクシデントもあり4位へ浮上。毎周順位が変わる展開でラストラップ、6位に順位を落としフィニッシュした。

 今回のレースでは、速さはもちろん、他車と競る「駆け引き」がポイントとなった。まだまだ勉強です。次戦は表彰台に立ちたい。

【関西第2戦】 ▽予選3位 ▽決勝 優勝

○コメント
 上位3台が「ヤサカレーシング」独占という快挙です! これで現在、関西シリーズのランキングトップなりました。
 関西シリーズ第2戦の会場は、日本屈指のテクニカルサーキット「鈴鹿サーキット」。エントリーは52台と多く、予選ではA・Bグループに分けられた。予選から、コースレコードを大幅に更新するタイムが記録される中、Aグループの2位、総合で3番手からのスタートとなった。
 決勝は、無難なスタートを決め、3位を走行。1周目に開幕戦の優勝者、峯選手がリタイア。6周目にはトップを走る神谷選手、2位の小松選手がバトルの末、接触。なんとかアクシデントをすり抜け、2位以下を大きく離し、初優勝を飾ることができた。
 今回のレースでは、終盤までチャンスを待ったのが結果に結びついたと思う。今回のレースでポイントトップになれたことで、チャンピオンに一歩近づいた。鈴鹿は初レースだっただけに嬉しい。その上、私が所属する「ヤサカレーシングチーム」が1・2・3位独占という快挙は感動です!次戦もこの調子で上位を目指します。

【関東第2戦】▽予選 11位  ▽決勝 11位

○コメント
関東シリーズの第2戦は、予選からペナルティを受け、ベストラップを抹消され11位スタート。決勝では、マシントラブルと接触もあり、追い上げも及ばず11位に後退。このようなことも、レースなんですね。次戦、関西シリーズ第3戦・鈴鹿は表彰台にあがります!

【関西第3戦】▽予選 13位  ▽決勝 4位

○コメント
曇りの鈴鹿サーキット。予選はA・Bグループに分けられ、私は激戦のAグループ。僅差ながら7番手、総合13位スタートと沈む。雨の決勝レース、1周目から6台を抜き、7位浮上。そこから確実にポジションを上げ、最終周に4位へ。「雨が降れば大きく順位を上げられる自信がありました。予選の結果から言えば、4位は良かった」。これで、関西シリーズのポイントランキング2位となったが、最終戦の結果次第でチャンピオンが決まるという激戦シリーズとなった。

【関東第3戦(64台)】▽予選 10位 ▽決勝 30位

○コメント
 予選は、A/Bグループに分けられ、私はAグループの出走。前半は2番手につけましたが、路面温度の上昇とともにタイヤが厳しくなりAグループ5位、総合10番手スタートとなりました。
 決勝は真夏日の中、8周のレースがスタート。1・2周目と順調に順位を上げトップ集団の7位走行。しかし、ここでジャンプスタートと見なされ、ペナルティを受けることに。最下位まで順位を落としてしまう。猛追もポイント獲得には及ばず、30位フィニッシュでした。
 決勝は、走行タイムがトップとほぼ変わらなかっただけに悔やまれるレースでした。一つのミスが今回のレースを全て台無しにしたので、本当に関係者の皆様に申し訳ない。次戦もここ同じ「富士スピードウェイ」で開催されるため、チームのためにもリベンジするしかないです。応援の程、よろしくお願い申しあげます。

【関東第4(最終)戦】▽予選8位  ▽決勝8位(65台中)

○コメント

 9月26日、早くも関東シリーズの最終戦となった富士スピードウェイ。最近のレース結果が不振ということもあり、私は、丸坊主にして挑みました。65台のエントリーがあり、最終戦ということでハイレベルなレースとなりました。予選はBグループ4位、総合8位からのスタート。中盤まではトップ集団で食らい付くも、だんだんとペースが落ち始め、一時は9位に下がりました。しかし、最終ラップに他車と並走でバトルをし、僅差ながら8位でゴールしました。

 関東シリーズは2戦目、3戦目とノーポイントとなったのが残念だったのですが、今回、ようやくポイントをとることができました。関東での結果だけを見れば、良いとは言えないものの、学ぶものは大きかったと思います。次戦の関西シリーズ最終戦(10月10日)に向け、しっかりと気持ちを入れ替えて戦います。

【関西第4(最終)戦】▽予選2位  ▽決勝2位 NEW

○コメント

 2010年シリーズランキングでは、2ポイント差で2位でした。チームメイトとチャンピオン争いをすることとなった最終戦で、最終ラップまでチャンピオンが分からない状況でした。優勝は逃がしましたが。精いっぱいやった結果だったと思います。

関西最終レースでの表彰

 最終ラップまでポイントランキングは1位だったが、私は2位でゴールし、チームメイトの河村選手が4位に順位を上げたため、逆転されてしまう。結果、関西シリーズランキングは、2ポイント差で2位となりました。

 今年から初めて1年間を通して戦った。開幕戦当初はシリーズチャンピオン争いが出来るとは予想していなかった。それでも、シーズン中盤には車にも慣れ、初優勝を飾ることができた。一方、自分のミスでペナルティを受けることもり、さまざまなレースを体験した。このチャンスを与えて下さったチーム・スポンサー・応援して下さる皆様に感謝しています。この経験を活かして、次に繋げたいです。

チャンピオン戦11月12日〜14日(富士スピードウェイ)

○コメント

 全国のヴィッツレーサーたちが目指す日本一決定戦。今年は史上初、二つの国内トップカテゴリーSUPER GTとフォーミュラーニッポンが同日開催される「JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010」が舞台となります。各シリーズランキングトップ3は、全国大会の予備予選が免除され、本戦予選からの出場が認められる。全国からヴィッツレーサーが集まるため、ハイレベルなレースが予想される。



あらかると SPORTS