The Kyoto Shimbun News



11月16日(木)

聖なるパン

ボリビアのラパス郊外に突然現れた人形。実はパンでつくられている。この地方では死者を悼む儀式のため、人間をかたどったパンを墓に供えるのが伝統。食べたら罰が当たりそうだが、パンは貧しい人に与えられるという。(ロイター=共同)

バックナンバー

[ 閉じる ]

Copyright(c) 2005 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. (著作権は京都新聞社ならびに一部共同通信社に帰属します)