リハビリを行う塚本記者

京都新聞の連載「生きる。IKIRU」は、2017年8月15日、脳内出血で倒れた京都新聞元記者の塚本宏が担当します。体が動かなくなり、言葉を発することもできず、一日中ほぼベッドにいます。かすかに動く左手の親指と人さし指で、iPadを操作して文字を打ち、現役の記者がサポートして仕上げます。

人気ランキング

動画ライブラリ

京都縦貫道・沓掛ICで土砂崩れ(2020年7月9日 京都市西京区)
京都縦貫道・沓掛ICで土砂崩れ(2020年7月9日 京都市西京区)

ピックアップ

暮らしのガイド

京都新聞からのお知らせ

プレスリリース