出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

江戸の参拝、にぎわい緻密に 京都・北野天満宮が屏風初公開

武士や町衆の姿が生き生きと描かれた「北野・東山遊楽図屏風」(京都市上京区・北野天満宮)
武士や町衆の姿が生き生きと描かれた「北野・東山遊楽図屏風」(京都市上京区・北野天満宮)

 京都市内の寺社18カ所で28日に始まる「春期京都非公開文化財特別公開」で、上京区の北野天満宮が江戸前期の「北野・東山遊楽図屏風(びょうぶ)」を初めて一般公開する。同天満宮をはじめ、八坂神社(東山区)や清水寺(同)が参拝者でにぎわう様子を伝える。

 屏風は六曲一双で武士や僧侶、町衆など多くの人物が描き込まれている。右隻の東山地域では、清水寺の舞台で酒宴に興じる人々や鴨川で泳ぐ男性が見え、左隻の北野地域には、慶長12(1607)年造営の天満宮の社殿(国宝)や象徴的な木「影向松(ようごうのまつ)」、明治期の神仏分離まで存在した多宝塔や北野経王堂が描かれる。

 約30年前に天満宮に寄贈された。加藤迪夫権宮司は「当時の京都の町や人がよく描かれている。現在の境内と見比べてもらいたい」と話す。特別公開は京都古文化保存協会(左京区)などの主催。5月7日まで。大人800円、中高生400円。

【 2017年04月27日 17時00分 】

ニュース写真

  • 武士や町衆の姿が生き生きと描かれた「北野・東山遊楽図屏風」(京都市上京区・北野天満宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      208歳夫婦をギネス認定、高松
      市長が表敬訪問

      20180925000038

       年齢を足すと208歳になる高松市の夫妻が「存命中の最長寿夫婦(合計年齢)」としてギネス..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      友野「4回転」新技習得を フィギュア10月からGPシリーズ

      20180925000025

       フィギュアスケートは10月からグランプリ(GP)シリーズが始まり、本格的なシーズンを迎..... [ 記事へ ]

      経済

      高島屋新館オープン
      「新しい日本橋感じる」

      20180925000044

       日本橋高島屋(東京都中央区)の新館が25日、オープンした。高島屋は隣の本館と時計専門館..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「鞍馬の火祭」台風被害で中止 京都、88年の自粛以来

      20180925000042

       京都市左京区の由岐神社は25日、毎年10月22日に開催している京都三大奇祭の一つ「鞍馬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]