出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭にクラウドファンディング 京都、警備費募る

昨年の祇園祭・前祭の宵山。大勢の見物客が訪れ、安全確保が課題となっている(2016年7月16日)
昨年の祇園祭・前祭の宵山。大勢の見物客が訪れ、安全確保が課題となっている(2016年7月16日)

 祇園祭の山鉾行事を支援するためにインターネットを使って資金を募るクラウドファンディング事業が8日、始まった。宵山や巡行での警備費用に充てる目的で、祇園祭山鉾連合会(京都市中京区)は、今年7月24日の後祭(あとまつり)の山鉾巡行までに300万円を目標に募るとしている。

■3000円から10万円まで

 山鉾連合会と京都信用金庫、クラウドファンディングサイト「Makuake」の運営会社「サイバーエージェント・クラウドファンディング」(東京都)が8日、発表した。京都信金職員と連合会役員が話す中でアイデアが浮かび、京都信金が「山鉾町の支援の一助に」とサイバーエージェント社を紹介、1年かけて実現した。

 祇園祭の宵山と山鉾巡行の計8日間の人出は、昨年は計約92万人、一昨年は同55万人、3年前は同97万人だった。山鉾連合会によると、山鉾建てから宵山、巡行までに必要な警備費用は、34の山鉾町と山鉾連合会で計約4千万円に上る。山鉾を維持する資金繰りが困難な町内もある中で、事故に備えた賠償責任保険や650人以上の警備員の人件費などは増加傾向だという。

 クラウドファンディングには3千円から10万円のコースがあり、支援者は希望すれば名前が京都新聞に掲載される。また、金額に応じて手ぬぐい、厄(やく)よけちまき、扇子など山鉾連合会の授与品がもらえる。最高の10万円コースでは、八坂神社への正式参拝や山鉾連合会役員らとの昼食会も設定されている。

 山鉾連合会の岸本吉博理事長は「これから毎年、全国に薄く広く募りたい。これを機に安心で安全な祭りを執行するためには多額の費用が必要なことも知ってほしい」と話した。

【 2017年05月08日 23時00分 】

ニュース写真

  • 昨年の祇園祭・前祭の宵山。大勢の見物客が訪れ、安全確保が課題となっている(2016年7月16日)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      国民・立民、京都滋賀で本格始動 3分裂、結集に距離感

      20180820000083

       京都と滋賀で、国民民主党と立憲民主党がそれぞれ地方組織や体制を固め、来年の統一地方選や..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]