出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

アニメ原点「驚き盤」放映へ 京都の女性、77枚保管

保管されている驚き盤。左下が手塚さんのアトム、その右がスヌーピーの作品
保管されている驚き盤。左下が手塚さんのアトム、その右がスヌーピーの作品

 約30年前に広島で開かれたアニメーションイベントで、国内外の作家が描いた手動の動画装置「驚き盤」が、近く京都市中京区のおもちゃ映画ミュージアムで映像として放映される。中には故手塚治虫さんによるアトムのほか、スヌーピーが描かれた作品も。今年は国産アニメ誕生から100年にあたり、ミュージアムは「貴重な資料。アニメーションの原点を知ってほしい」としている。

 驚き盤とは1830年代にヨーロッパで考案された円盤の玩具。円盤の周囲に少しずつ変化した絵を描き、鏡に映して回転させて、絵と絵の間に刻んだ隙間からのぞくと、残像で絵が動いて見える仕組み。アニメーションの原理にもつながる。

 驚き盤は、1985年に被爆40周年を機に開かれた「第1回広島国際アニメーションフェスティバル」のワークショップで国内外の作家や一般の人が参加して制作された。フェスティバルに関わった京都市内の女性が保管しており、ミュージアムが預かった。直径18~19センチの作品が77枚あり、日本アニメーション協会会長の古川タクさんが見たところ、著名な作家30人の作品31枚が含まれているという。

 手塚さんの作品は鉄腕アトムとウランが描かれて、サイン付き。ただ周囲に絵は描かれていないため、動画として見ることができない。ほかにもTVアニメ「ピーナッツ」や「トムとジェリー」で活躍した作家は、スヌーピーが跳びはねているような作品を描き、中央には「HIROSHIMA85」と明記。トキワ荘の住人で、ラーメン好きの「小池さん」のモデルで知られる杉並アニメーションミュージアム館長の鈴木伸一さんは、紙飛行機がチョウに変化して舞う様子を描いている。

 太田米男館長(68)は「広島で初めて開かれたフェスティバルに多くのアニメーターたちが集まった熱気を感じ取ることができる。アニメーションの歴史を知る機会にしてほしい」と語る。ミュージアムでは近く、驚き盤をコマ撮影し編集した映像の放映や、主な作品を展示する予定。問い合わせは同ミュージアム075(803)0033。

【 2017年10月06日 11時00分 】

ニュース写真

  • 保管されている驚き盤。左下が手塚さんのアトム、その右がスヌーピーの作品
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      鷹の爪団でODAを紹介、外務省
      HPで5種類の動画を配信

      20180921000143

       外務省は21日、日本の政府開発援助(ODA)事業を紹介するため、人気アニメ「秘密結社 ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ岩田が首位浮上、池田2位
      ダイヤモンド杯第2日

      20180921000158

       ダイヤモンド・カップ第2日(21日・埼玉県武蔵CC笹井=7060ヤード、パー71)3季..... [ 記事へ ]

      経済

      関空、貨物便全面再開にまだ時間
      関西の主力、製造業へ影響続

      20180921000153

       関西空港の旅客便は21日、ほぼ通常の運航スケジュールに戻った。しかし、貨物の倉庫がある..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]