出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

前原氏「首相に自民議員はない」 将来は希望に参加

希望の党との合流や今後の展望について語る民進党の前原代表(7日午後5時40分、京都市左京区)
希望の党との合流や今後の展望について語る民進党の前原代表(7日午後5時40分、京都市左京区)

 希望の党への合流を決めた民進党の前原誠司代表(衆院京都2区)が7日、京都市内で京都新聞社のインタビューに応じ、衆院選後の首相指名選挙について「自民党議員はあり得ない」との考えを示した。

 -なぜ、希望への合流だったのか。

 「安倍政権の5年間、党勢の低迷が続いてきた。安全保障関連法に反対して野党共闘をしたが、存在感が高まったわけでもない。共闘以降、左旋回が強まり、共産党を気にして憲法改正や消費税の問題で発言できなくなった。このまま衆院選に突入すれば、壊滅的な状況に陥る」

 「安倍政権を終わらせるには与野党が1対1の構図をつくる必要がある。選択肢は野党共闘、選挙区での共産党とのすみ分け、野党再編の三つと考えた。小池百合子東京都知事が代表になって希望を設立する動きがあり、連携して自らの思いでもある『非自民・非共産』の大きなかたまりをもう一度作ることにした」

 -希望に参加するか。

 「政策協定書は小池代表とともにまとめた。将来は希望に参加したい。民進代表として地方組織の在り方などを調整し、衆院選後は無所属で立候補した人たちとも相談する」

 -希望は自民党との違いが見えづらい。

 「外交安全保障は現実路線で、大きな違いはないが、内政は違う。例えば、『中福祉・中負担』で社会保障を充実すると主張してきたが、小池代表も賛同しており、選挙でも争点として訴える。財源は消費増税分を想定していたが、安倍政権の経済政策の路線で増税すると格差を広げることになる。希望が公約にしている増税凍結は理解できる」

 -小池代表を首相候補として指名できない。衆院選の目標と首相指名の対応は。

 「安倍政権を過半数割れに追い込んで倒すため、比例を含めて233人以上を立てる。首相指名は小池代表と相談するが、自民の議員はあり得ない」

 -参院は自民、公明で過半数に達している。

 「仮に衆院選で勝ったとしても、政権運営が難しい『ねじれ国会』になる。小池代表とは再来年の参院選を見据え、どのような対応をとるべきかを相談している」

【 2017年10月07日 23時20分 】

ニュース写真

  • 希望の党との合流や今後の展望について語る民進党の前原代表(7日午後5時40分、京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      成田空港でシステム障害
      搭乗手続き、欠航や遅延も

      20180918000079

       18日午前11時50分ごろ、成田空港の第2ターミナルで、搭乗手続きに関係するシステムに..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西7―4日(18日)
      多和田が15勝目

      20180918000165

       西武が5連勝した。一回に秋山の先頭打者本塁打などで2点を先行。二回に浅村の28号2ラン..... [ 記事へ ]

      経済

      和洋酒売り場拡張、京都の百貨店最大級に JR伊勢丹

      20180918000088

       ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)は11月7日、京都の百貨店で最大級となる和洋酒の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画

      20180918000091

       琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を初心者にも楽しんでもらおうと、滋賀県内の自転車愛..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

      20180918000021

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]