出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

原発廃止のメッセージ、写真に託す 福島出身の男性、京都で展示

福島県の被災地で撮りためた写真を解説する高木さん(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)
福島県の被災地で撮りためた写真を解説する高木さん(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)

 京都や滋賀で会社員時代を過ごした福島県浪江町出身の写真家・高木成幸さん(74)=東京都=による放射能をテーマにした写真展が18日から、京都市下京区のひと・まち交流館京都で始まる。膵臓(すいぞう)がんの病状が進みながらも「最後のあいさつを」と抗がん剤を絶って展示に臨み、原発廃止のメッセージを京都に託す。

 同県浪江町に生まれた高木さんは大学卒業後、京都市内の企業に就職し、下鳥羽や泉涌寺周辺で会社員時代を2年間過ごした。その後、米国の研究機関で、後にタカラバイオ(草津市)の社長となる加藤郁之進さんと出会う。帰国後、東京の企業で働いたが、51歳の時に加藤さんに誘われてタカラバイオへ転職。向日市から滋賀に通って社業にいそしんだ。

 若い頃からカメラが趣味で、2011年の福島第1原発事故後、高木さんは「ヒューマンエラーの事故は必ずまた起こる」と故郷に入り、記録を残すために撮影を続けてきた。今回会場で展示する約60枚の写真は、積み重なった除染土、殺処分となるウシ、首が落ちた地蔵、疲弊の中がれきを拾う人々と、被災地の現実を感じさせる。

 5年前には旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の現場周辺も取材した。周囲で復興していく町を見ながら浪江町のイメージを重ねたが、「チェルノブイリ周辺では汚染土の上に土を積み重ねて遮断している。日本では除染しているが、放射能は決して取り去ることはできない」と疑問を呈す。

 病状が進み、体調がおもわしくない中、「世話になった京都や滋賀の人にどうしても伝えたい」と14日に立命館大であったナルク京都ことの会主催の復興の集いにも参加した。「京都と滋賀にも近くに原発はある。原発はテロのターゲットになる危険性もはらむ。震災時に渋滞で動けない車の列や混乱する避難所の写真などを見て、有事に向けた対応の必要さを感じてほしい」と話す。写真展は26日まで。無料。

【 2017年10月18日 09時07分 】

ニュース写真

  • 福島県の被災地で撮りためた写真を解説する高木さん(京都市下京区、ひと・まち交流館京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      鷹の爪団でODAを紹介、外務省
      HPで5種類の動画を配信

      20180921000143

       外務省は21日、日本の政府開発援助(ODA)事業を紹介するため、人気アニメ「秘密結社 ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ岩田が首位浮上、池田2位
      ダイヤモンド杯第2日

      20180921000158

       ダイヤモンド・カップ第2日(21日・埼玉県武蔵CC笹井=7060ヤード、パー71)3季..... [ 記事へ ]

      経済

      関空、貨物便全面再開にまだ時間
      関西の主力、製造業へ影響続

      20180921000153

       関西空港の旅客便は21日、ほぼ通常の運航スケジュールに戻った。しかし、貨物の倉庫がある..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]