出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

クレヨンの動物画、色使い絶妙 京都、障害者施設利用者が作品展

微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)

 京都市伏見区の障害者施設「京都市ふしみ学園」利用者が描いた絵の展示が30日、東山区轆轤(ろくろ)町のギャラリー「まっつぁら」で始まった。作者の筆遣いを感じる6点を紹介している。

 同学園では、利用者の描いたクレヨン画や色鉛筆画を広く知ってもらうため複製画を作るプロジェクトを進めている。今回は、大型の複製画よりも日常生活で使いやすい名刺への活用を提案しようと、原画を展示した。

 パンダやシロクマ、ペンギンを描いた動物画シリーズはクレヨンで描かれていて、重ね塗りによる色の表現が絶妙。ふしみ学園で企画広報を担当する植村美樹さん(49)は「何かを語りかけてくるような動物のまなざしに引きつけられる」と話す。

 色鉛筆で力強く描いた静物画などもあり、植村さんは「名刺を広げることで、作品そのものの魅力をより多くの人に知ってもらえれば。それがさらに多くの複製画を作る機会につながってほしい」と話している。

 展示は来月5日まで。名刺の問い合わせはふしみ学園075(603)1288。

【 2017年10月31日 09時45分 】

ニュース写真

  • 微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      老舗そば屋で鶴の銅像盗難
      シンボル、大阪・新世界

      20180920000011

       通天閣がある大阪の観光名所・新世界(大阪市浪速区)で100年以上続く老舗そば屋「総本家..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス錦織が準々決勝へ
      マゼル・オープン

      20180920000004

       【メッス(フランス)共同】男子テニスのマゼル・オープンは19日、フランスのメッスで行わ..... [ 記事へ ]

      経済

      ローム、120種類の新マイコン 安全性能をトップクラスに

      20180920000029

       ロームは、家電や産業機器などのシステムの中枢として機能する16ビットマイコンで、安全性..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      青春の終わり、生々しく 映画「きみの鳥はうたえる」22日から

      20180919000115

       夏が終わり、季節の移ろう今にぴったりの映画が「きみの鳥はうたえる」だろう。20代半ばの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]