出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

萌えキャラやアイドル集結 京都、19日サブカルフェスタ

精華町広報キャラクター「京町セイカ」の公式ツイッターに投稿されたSEIKAサブカルフェスタへの参加呼び掛け
精華町広報キャラクター「京町セイカ」の公式ツイッターに投稿されたSEIKAサブカルフェスタへの参加呼び掛け

 京都府精華町の広報キャラクター「京町セイカ」をはじめとした全国の萌(も)えキャラやご当地アイドルが集う「SEIKAサブカルフェスタ」が19日、精華町光台のけいはんなプラザ日時計広場などで開かれる。台湾の人気コスプレイヤーのHIKOとCandiの2人が初参加し、午後4時からステージで京町セイカのコスプレイヤーとトークを行う。

 町などの実行委の主催で3年目。関西のご当地アイドルがライブやCD販売を行い、京都からは加茂川マコトと京都flavorが出演する。また、「キャラサミ in SEIKA」と題して兵庫や富山など全国15地域の萌えキャラやコスプレイヤー、ご当地アイドルがブースを並べ、PRやグッズ販売をする。来場者がコスプレ姿になるイベント(有料)もある。

 午前10時から午後4時半。けいはんなオープンイノベーションセンター(精華町・木津川市)では車体にアニメキャラクターなどをあしらった「痛車(いたしゃ)」を展示。いずれも入場無料。「せいか祭り」と同時開催。

【 2017年11月16日 20時13分 】

ニュース写真

  • 精華町広報キャラクター「京町セイカ」の公式ツイッターに投稿されたSEIKAサブカルフェスタへの参加呼び掛け
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース