出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

高校生制作のイルミネーションで駅前キラキラに

イルミネーションで飾られた花時計を見る府立工業高の生徒や市民ら+(福知山市駅前町・福知山駅北口公園)
イルミネーションで飾られた花時計を見る府立工業高の生徒や市民ら+(福知山市駅前町・福知山駅北口公園)

 京都府福知山市石原の府立工業高の生徒がつくった市民憲章花時計を彩るイルミネーションの点灯式が21日、同市駅前町の福知山駅北口公園であった。花時計にミラーボールを飾り付け、駅前を光でにぎやかに演出した。

 花時計は直径4メートルでハボタンが植えられている。市民憲章推進協議会が2015年から同高にイルミネーションを毎年依頼し、今年は生産システム科3年の5人が担当した。

 花時計は「ディスコ化計画」と銘打ち、四つのスポットライトをあてて秒針のミラーボールが光を反射。鑑賞者が操作板のボタンを押すと、赤や青など6色に変化する。針の中央には、福知山環境会議のマスコットキャラクター「ゴーヤ先生」の人形を載せて飾り、隣のツリーと合わせて約5千個の発光ダイオードを使った。

 点灯式で同高の寺﨑和希さん(17)は「近づいて見てもらって温かい気持ちになってもらえれば」と話した。1月14日まで点灯予定。

【 2017年11月22日 17時00分 】

ニュース写真

  • イルミネーションで飾られた花時計を見る府立工業高の生徒や市民ら+(福知山市駅前町・福知山駅北口公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース