出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・晴明神社に特産物奉納 ゆかりの福井住民から

地元産の自然薯を奉納する福井県おおい町の「地元おうえん隊」の隊員たち(右の2人)=京都市上京区・晴明神社
地元産の自然薯を奉納する福井県おおい町の「地元おうえん隊」の隊員たち(右の2人)=京都市上京区・晴明神社

 平安時代の陰陽師、安倍晴明ゆかりの晴明神社(京都市上京区)で27日、福井県おおい町の住民から特産物が奉納された。室町時代に晴明の子孫である土御門(つちみかど)家が戦乱から逃れて若狭国に移り住んだ縁で初めて実現した。おおい町の住民は「これからも京都との縁を深めていきたいを」としている。

 土御門家は応仁の乱を避けて、所領だった若狭の名田庄納田終(なたしょうのたおい)に3世代約100年にわたって過ごしたと伝わる。その後京都へ帰還したが、土御門家と納田終との関係は続き、自然薯(じねんじょ)を受け取っていたとの記録が残る。

 この日は、おおい町の住民団体「地元おうえん隊」のメンバーら5人が晴明神社を訪れて奉納神事に参列した。地元の自然薯と若狭ぐじを神前に奉納し、京都とおおい町の交流が深まることを願っていた。

 同隊の中野英二さん(61)は「晴明とのつながりを通じて、京都の人におおい町に関心を持ってもらい、福井と京都の行き来を増やしていきたい」と話していた。

【 2017年11月28日 10時04分 】

ニュース写真

  • 地元産の自然薯を奉納する福井県おおい町の「地元おうえん隊」の隊員たち(右の2人)=京都市上京区・晴明神社
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      宮城の被災者、竹灯籠で盆供養
      神戸から届いた絆の明かり

      20180815000154

       東日本大震災で被災した住民が暮らす宮城県名取市の愛島東部仮設住宅で15日、阪神大震災の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本女子、香港下す
      バスケットボール・15日

      20180815000141

       バスケットボール女子の1次リーグが始まり、Y組の日本は初戦で香港を121―44で下した..... [ 記事へ ]

      経済

      ガソリン150円超、12週連続
      家計に影響も

      20180815000098

       経済産業省資源エネルギー庁が15日発表した13日時点のレギュラーガソリン1リットル当た..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      豪快6千発の花火、夜空彩る 京都南丹市花火大会

      20180815000039

       京都南丹市花火大会が14日、同市八木町の大堰橋一帯で開かれた。昨年よりも約1千発多い約..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      放課後児童や独居高齢者の「なかよし食堂」 京都・福知山

      20180814000040

       放課後に1人で過ごす子どもや独居の高齢者らの居場所を作ろうと、京都府福知山市のNPO法..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]