出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

機関車の先頭勢ぞろい 京都鉄道博物館、新年「SL頭出し」

扇形車庫から屋外に出された蒸気機関車の前で記念撮影をする来場者(京都市下京区・京都鉄道博物館)
扇形車庫から屋外に出された蒸気機関車の前で記念撮影をする来場者(京都市下京区・京都鉄道博物館)

 蒸気機関車(SL)の先頭部分を車庫から屋外に出して展示する、新年恒例の「SL頭出し」が2日、京都市下京区の京都鉄道博物館で始まった。鉄道ファンや帰省中の親子連れらが、迫力ある真っ黒な車体を間近に観察し、撮影を楽しんだ。

 1880(明治13)~1948(昭和23)年に製造され、同館が保管する23両のうち日本最大の旅客用「C62型1号機」など13両が、扇形車庫から約5メートル外に出された。

 東京都から長浜市の祖父母の家を訪れていた森将太郎君(11)は「いろんな種類の車体を一度に見られてうれしい」と話していた。

 8日まで。入場料が必要。

【 2018年01月03日 12時30分 】

ニュース写真

  • 扇形車庫から屋外に出された蒸気機関車の前で記念撮影をする来場者(京都市下京区・京都鉄道博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース