出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「偏見とは」車いす部員の体験、演劇に 京都・朱雀高

青春讃夏の一場面を練習する演劇部員たち(京都市中京区・朱雀高)
青春讃夏の一場面を練習する演劇部員たち(京都市中京区・朱雀高)

 京都市中京区の朱雀高演劇部が、近畿大会で最優秀賞を受賞し、8月に長野県で開かれる全国大会に出場する。車いすに乗る筋ジストロフィーの2年男子部員の体験を基にしたストーリーで、「偏見とは」「本当の幸せとは何か」と投げかける。今月は市内で2回公演する。

 タイトルは「青春讃夏-僕らの時間」。中学の演劇部が舞台で、人数が少なくて困っている部に「新入部員が来る」と知らせが入る。部員たちは期待を膨らませるが、新入部員は障害がある生徒がいる「育成学級」の生徒と聞いて戸惑い、ぶつかりながら演劇を作り上げるストーリー。

 主役を演じるのは前田涉吾さん(17)。昨年5月に脚本の案を出し合う際、自身が病気や車いすを理由に小、中学校で嫌な思いをした体験を書き出したノートを部員に見せた。

 前田さんは「過去のことを思い出すから病気について知られたくない」と、それまでは病気について伝えていなかった。しかし温かい雰囲気の演劇部を信頼して打ち明け、「同じ障害の人を元気づけたい」と劇にすることになった。部員たちは偏見や障害者への差別について考えを出し合い、脚本にまとめた。

 劇では、車いすでも動きやすくするため、舞台セットはシンプルにした。振り付けは、演じる場面を実際に試し、「慣れていない人の車いすの押し方」や「急いで走ってぶつかりそうになる」などをリアルに表現するよう努めた。

 全国大会に向けて前田さんは「本当の幸せは、障害の有無は関係ないと伝えたい」と話し、部員たちは「楽しんだもの勝ち。一番いい劇をしたい」と笑い合う。

 12日は京都芸術劇場春秋座(左京区)で開かれる「演じる高校生」で公演する(入場料一般1500円)。18日は府立文化芸術会館(上京区)の「Kyoto演劇フェスティバル」で公演する(入場料が必要)。

【 2018年02月07日 18時00分 】

ニュース写真

  • 青春讃夏の一場面を練習する演劇部員たち(京都市中京区・朱雀高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      橋本健元市議が詐取認める
      政活費、懲役1年6月求刑

      20180921000097

       架空の領収書を提出するなどして政務活動費(政活費)約690万円をだまし取ったとして、詐..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子ゴルフ、小祝ら5人が首位
      ミヤギテレビ杯第1日

      20180921000126

       ミヤギテレビ杯ダンロップ女子第1日(21日・宮城県利府GC=6534ヤード、パー72)..... [ 記事へ ]

      経済

      就活日程、21年卒は維持有力
      6月解禁、学生不安に配慮

      20180921000139

       現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の就職活動で、採用面接の6月解禁などの現行..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      メルマガでもんじゅ後継機に異論
      原子力委の岡委員長

      20180921000124

       国の原子力委員会の岡芳明委員長が、廃炉作業が始まった高速増殖原型炉もんじゅの後継となる..... [ 記事へ ]