出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

JR線路上に車「おかしい」 京都の母娘、事故防ぐ

感謝状を贈られる筒井美香さん(中央)と梨菜さん(左)=綾部市宮代町・綾部署
感謝状を贈られる筒井美香さん(中央)と梨菜さん(左)=綾部市宮代町・綾部署

 JR舞鶴線に誤進入した乗用車を見つけ通報し、列車との衝突事故を寸前で防いだとして、京都府警綾部署は28日、綾部市梅迫町の会社員筒井美香さん(50)と梨菜さん(26)の母娘に感謝状を贈った。車は高齢男性が運転していたが立ち往生しており、あわや大事故につながるところだった。

 2人は1月28日午後8時50分ごろ、綾部市上杉町を車で走向中、踏切から6、7メートル入った線路上に車を見つけた。「おかしい」と引き返し、梨菜さんが車に駆け寄る一方、美香さんが踏切の非常ボタンを押して通報し、近づいていた電車を約200メートル手前で緊急停止させた。

 綾部署で感謝状を受け取った2人は「いったんは通り過ぎたが、『おかしい』と話し合ってUターンした。事故を防げて良かった」と笑顔を見せていた。

【 2018年03月01日 10時50分 】

ニュース写真

  • 感謝状を贈られる筒井美香さん(中央)と梨菜さん(左)=綾部市宮代町・綾部署
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース