出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

LGBT当事者、表情豊か 京都マルイで写真展

性的少数者をテーマにした写真展「アウトインジャパン」
性的少数者をテーマにした写真展「アウトインジャパン」

 性的少数者(LGBT)をテーマにした写真展「アウトインジャパン」がこのほど、京都市下京区の京都マルイで始まり、陰影を交えた表情豊かな写真に、来場者が見入っている。

 LGBTは、国内に人口の7%ほどいるとされるが、偏見や差別が残る。支援団体「グッド・エイジング・エールズ」が、理解促進のために各地で写真展を催している。

 2020年までに当事者1万人の撮影を進めており、会場では255枚の肖像写真を並べる。21日まで。無料。

【 2018年03月12日 16時20分 】

ニュース写真

  • 性的少数者をテーマにした写真展「アウトインジャパン」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース