出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「ハート窓」正寿院が桜ライトアップ 京都、初の夜間拝観

ライトアップされた夜桜(2017年4月14日、宇治田原町奥山田・正寿院)=正寿院提供
ライトアップされた夜桜(2017年4月14日、宇治田原町奥山田・正寿院)=正寿院提供

 ハートの形の「猪目(いのめ)窓」で話題を集める正寿院(京都府宇治田原町奥山田)は、境内の桜が見頃を迎える4月12日から14日に、境内の桜を夜間ライトアップする春の特別拝観を実施する。夜の一般公開は初めて。

 本堂と客殿から見えるソメイヨシノを照明で照らす。午後6時からと午後7時40分から各25人ずつの予約制。それぞれ終了30分前に障子と猪目窓を外し、異なる趣向で夜桜を楽しむことができる。4月3日まで同院で直接か、メールやファクスで予約を受け付ける。応募多数の場合は抽選。特別拝観料800円。同院0774(88)3601。

【 2018年03月27日 16時00分 】

ニュース写真

  • ライトアップされた夜桜(2017年4月14日、宇治田原町奥山田・正寿院)=正寿院提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース