出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

間伐材で作った絵馬、好評 京都・長岡京

間伐材を有効活用して作った絵馬。ウメの花の形をしている(長岡京市長法寺・西山公園)
間伐材を有効活用して作った絵馬。ウメの花の形をしている(長岡京市長法寺・西山公園)

 京都府長岡京市緑の協会は、西山の森林整備で出た間伐材を活用したウメの花の形をした絵馬を作った。長岡天満宮(同市天神2丁目)が提供を受けて参拝者に授与したところ好評といい、間伐材の意外な「再生」に静かな注目が集まっている。

 同協会は森林所有者や企業、大学、行政など33団体でつくる西山森林整備推進協議会に加盟。その一員として市内の緑化推進事業を担う中で、間伐材を使った緑化グッズのヒノキのコースターを作るなど加工品としての活用策提案を行う。

 今回の絵馬作りは、同協議会に参加する高野竹工(同市勝竜寺)の協力を受けて長岡天満宮に提案。間伐材の有効活用に賛同した同天満宮が、昨年9月末から絵馬での利用を始めた。

 西山産のスギの間伐材を使った絵馬(縦9・9センチ、横11・8センチ、厚さ5ミリ)は、上部の花びら3枚を丸くして「合格」「家庭円満」、下部の2枚を赤いハートの形に塗って「縁結び」を表現したという。この絵馬は1枚700円で授与され、3月下旬までに約130枚の利用があった。

 同協会は市内産のスギの間伐材を使い、ベンチを自前で製作して販売するなどにも取り組む。野村秀明事務局長は「付加価値を付けることで間伐材の利用が進むと思う。今後も、地産地消の間伐材の活用策を考えたい」と話している。

【 2018年05月13日 11時21分 】

ニュース写真

  • 間伐材を有効活用して作った絵馬。ウメの花の形をしている(長岡京市長法寺・西山公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      「窃盗症」医療支援が急務 衝動的に万引繰り返す精神疾患

      20180820000060

       窃盗罪での再犯者の割合がここ約20年で増加している中、金銭的な理由ではなく、衝動的に万..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ4選手の代表認定取り消し
      ジャカルタ・アジア大会

      20180820000064

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]