出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ピアノとビオラかやぶきに響く 26、27日京都で音楽会

初協演を前に抱負を語るハイム・シュテラーさん(左)とカズコ・ザイラーさん=京都市左京区
初協演を前に抱負を語るハイム・シュテラーさん(左)とカズコ・ザイラーさん=京都市左京区

 京都府南丹市日吉町のかやぶき音楽堂で26、27日、初夏恒例のかやぶきコンサートが開かれる。1989年から393回連続出演しているピアノ奏者カズコ・ザイラーさんが、ビオラの名手でドイツ在住のハイム・シュテラーさんと協演する。

 演目は、ブラームスの「ビオラソナタ第2番」と、シューベルトの「アルペジオーネソナタ」。カズコさんは昨年3月に亡くなった夫のエルンストさんと長年、ピアノデュオ曲を披露してきたが、ビオラ奏者と組む曲は初めてという。「両曲とも心に深く語りかける美しい曲ですが、弾くのはとても難しい。しっかり練習したい」と語る。

 シュテラーさんはオランダ出身の34歳。名指揮者の故クラウディオ・アバドさんに実力を認められ、2008年から名門オーケストラの首席奏者らを集めたルツェルン祝祭管弦楽団(スイス)のメンバーとして活躍。同楽団初となる昨秋の京都公演にも出演し、ビオラの国際コンクールでも優勝を重ねている。

 過去6回来日しており、「自然と建築物などの文化が融合した京都はとりわけ好きで、私の目指す音楽に通じるものがある。新緑に映えるかやぶき堂でも良い演奏ができそう」と、初舞台を心待ちにしている。

 26日午後3時、27日午前11時開演。音楽堂はJR山陰線胡麻駅から徒歩15分。期間中は演奏会に合わせて、同駅に一部の特急が停車する。2500円。申し込みはかやぶき音楽堂事務局の電話兼ファクス075(781)9003。またはホームページwww.kayabuki.comから。

【 2018年05月15日 17時30分 】

ニュース写真

  • 初協演を前に抱負を語るハイム・シュテラーさん(左)とカズコ・ザイラーさん=京都市左京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      人生ゲーム、初の全国大会
      発売50周年記念、115人参加

      20180922000111

       日本一の強運は誰だ―。タカラトミーは22日、人気商品「人生ゲーム」の発売50周年を記念..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン桃田、世界1位に
      日本男子で初の快挙

      20180922000146

       バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が22日、中国オープンで決勝に進出..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府、遺伝子治療の実用化推進
      研究支援や規制緩和で

      20180922000109

       政府は22日までに、欧米でがんや難病の新しい治療薬として承認される例が相次いでいる遺伝..... [ 記事へ ]