出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

県祭合わせ「響け!ユーフォ」イベント 京都・宇治、写真投稿も

イベントの参加者に配られる「リズと青い鳥」のシール
イベントの参加者に配られる「リズと青い鳥」のシール

 京都府宇治市は5、6日に同市で催される県(あがた)祭に合わせ、同祭が描かれているアニメ「響け!ユーフォニアム」の関連イベントやパネル展示を行う。

 「宇治観光ユーフォトグラム」と銘打ったイベントは1~4日にあり、参加者2500人(先着)に今春公開のシリーズ最新作映画「リズと青い鳥」のシールを配る。シールがもらえる条件は、京阪電気鉄道などのデジタルスタンプラリーで入手できるアニメ主人公のAR(拡張現実)と、県神社を含む3カ所のいずれかで撮影し、自身の写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿する。「#(ハッシュタグ)」を二つ付け、それぞれに「ユーフォトグラム」と撮影場所名を書く。また、市観光協会の公式インスタグラムをフォローする。シールは市観光センターで1人1枚配布する(午前9時~午後4時)。

 このほか、主人公と同級生を描いたパネルを今年もアニメゆかりの大吉山に設置する。5日午前10時~午後4時は同山展望台、午後5~9時は同山登山口に置く。市商工観光課0774(20)8724。

【 2018年06月01日 09時44分 】

ニュース写真

  • イベントの参加者に配られる「リズと青い鳥」のシール
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース