出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

空調や扇風機無し、室温30度超で熱中症続出 京都拘置所

連日の猛暑で熱中症を訴える収容者が続出している京都拘置所(京都市伏見区)
連日の猛暑で熱中症を訴える収容者が続出している京都拘置所(京都市伏見区)

 猛暑が続く中、京都拘置所(京都市伏見区)の熱中症対策が不十分だとして、京都弁護士会人権擁護委員会が、収容者の生活環境の改善を求めている。空調機器の整備が進んでおらず、居室温度は昼夜を問わず30度超を記録。今月に入って収容者計20人が熱中症の症状を訴えており、「命を守る対策を早急にとるべきだ」と指摘している。

 京都弁護士会によると、京都拘置所内でエアコンが設置されているのは、病舎6室と女性居室2室のみ。共同室(定員8人)31室と廊下には扇風機しかない。単独室175室は何もなく、室温が36度を超えることもある。ただ、電源設備が古いなどの理由から、エアコンや扇風機の増設は難しいという。

 連日の猛暑により、同拘置所では1日以降、計20人が熱中症の症状を訴えて処置を受けた。京都市内の最高気温が観測史上最高タイの39・8度を記録した19日には男性被告2人が救急搬送され、うち1人は現在も入院治療を受けている。

 京都拘置所は熱中症対策として毎日、500ミリリットル入りスポーツドリンク1本と塩タブレットを収容者に支給している。しかし、現地調査に当たった石側亮太弁護士は「抜本的な対策が不可欠だ。推定無罪の収容者に身体刑を与えているのに等しい。命を守るための環境を早急に整備すべきだ」と話している。

■拘留中の被告「室内は蒸し風呂」

 「毎日のように体調不良者が出ている」。京都拘置所に勾留中の男性被告(52)が26日、京都新聞の取材に応じ、過酷な生活実態を打ち明けた。

 男性は4階の共同室で生活。日中は上半身裸で過ごしているが、全身から汗が噴き出し、あせもができている。夜も暑さで眠れず、睡眠不足の状態が続く。部屋に1台ある扇風機を常時使用しているが、「人が多いので、室内は蒸し風呂みたいな状態」と話す。

 24日には愛知県の名古屋刑務所の受刑者が熱射病で死亡した。男性は「いつ同じような事故が起きてもおかしくない。少しでも環境を改善してほしい」と訴えた。

【 2018年07月28日 15時00分 】

ニュース写真

  • 連日の猛暑で熱中症を訴える収容者が続出している京都拘置所(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      8年ぶりに夜の灯籠流し、仙台
      被災の荒浜地区、亡き人思う

      20180818000149

       東日本大震災の津波で被災した仙台市若林区の荒浜地区で18日、震災後初めて夜間に灯籠流し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―7ソ(18日)
      ソフトバンクが快勝

      20180818000158

       ソフトバンクが快勝した。2―2の六回に柳田の右前打で勝ち越し、さらに押し出し四球と今宮..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      芸妓と舞妓、着物の違いは? 京都、五花街の装い展示

      20180818000151

       芸妓と舞妓が身に付けている伝統工芸品を紹介する企画展「芸妓舞妓のよそおい展」が、京都市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]