出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

明治150年ちなみ「牛肉祭」 京都・舞鶴で催し

さまざまな牛肉料理の店が並んだ会場(舞鶴市北吸・舞鶴赤れんがパーク)
さまざまな牛肉料理の店が並んだ会場(舞鶴市北吸・舞鶴赤れんがパーク)

 明治150年にちなんだイベント「文明開化の牛肉祭!」が4日、京都府舞鶴市北吸の舞鶴赤れんがパークで始まった。観光客や市民らが、牛肉を使ったさまざまな料理を楽しんだ。

 西洋文化の影響で、明治期に日本で牛肉の食文化が広まったのに合わせて、市などが企画した。この日は、市内の飲食店12店が海側芝生広場に出店した。

 訪れた家族連れらは、れんが風ステーキやローストビーフ丼、肉じゃがコロッケ、牛そぼろおにぎりなど工夫を凝らした各店のメニューを品定めしながら、ゆっくりと味わっていた。

 5日まで。午前10時~午後6時。入場無料。

【 2018年08月05日 09時00分 】

ニュース写真

  • さまざまな牛肉料理の店が並んだ会場(舞鶴市北吸・舞鶴赤れんがパーク)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース