出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

明治150年、官軍助けた山国隊キャラ「魁くん」誕生 京都

「山国隊」のキャラクターイメージ「魁(かい)くん」
「山国隊」のキャラクターイメージ「魁(かい)くん」

 明治150年にちなみ京都市右京区役所京北出張所は、時代祭の先頭を行く維新勤王隊のモデルとなった京北「山国隊」のTシャツとマスコットキャラクター「魁(かい)くん」を作った。さまざまなイベントなどで活用し、京北の魅力発信と活性化に役立てる。

 山国地域では明治維新の際、農兵隊(山国隊)を結成して官軍に加わり、戊辰戦争を戦った歴史を持つ。

 「魁くん」は、山国隊が凱旋(がいせん)した時の先頭隊員の服装を再現し、手に山国隊の旗を持つ。キリッとした表情とにこやかな表情など四つの顔がある。名前は地元の京北第二小児童たちが決めた。

 Tシャツは黒色で、「魁」の文字を金色と白色で浮き彫りにした2種類。百枚ほど製作したが、需要に応じて増産していく。

 魁くんは、現在制作中の山国隊紹介パンフレットのほか、山国隊グッズにも利用する予定。Tシャツも地元のさきがけフェスタや二条城で行われるイベントなどでも活用する。

【 2018年08月24日 12時34分 】

ニュース写真

  • 「山国隊」のキャラクターイメージ「魁(かい)くん」
  • 「山国隊」のTシャツ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース