出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

また折れたご神木、拝殿も倒壊 台風20号、京都・大将軍神社

拝殿が倒壊した大将軍神社(24日午前11時36分、京都市東山区)
拝殿が倒壊した大将軍神社(24日午前11時36分、京都市東山区)

 24日未明に日本海に抜けた台風20号。京都府や滋賀県で大きな人的被害は出なかったものの、強風などによる被害が出た。

 京都府教育委員会文化財保護課によると、いずれも重要文化財の西本願寺南能舞台(下京区)で欄間の一部が破損、知恩寺阿弥陀堂(左京区)で屋根瓦の一部が脱落したほか、国登録有形文化財の平安神宮額殿(同)でも屋根瓦の一部が落下した。

 東山区の大将軍神社では、拝殿(高さ約7メートル、幅約7メートル)が倒壊し、ご神木(高さ約15メートル)が根元付近から折れた。氏子総代の三芳徳光さん(52)=同区=は「昨年10月にもご神木が倒れ、お社を修復したばかり」と戸惑っていた。

【 2018年08月24日 12時14分 】

ニュース写真

  • 拝殿が倒壊した大将軍神社(24日午前11時36分、京都市東山区)
  • 拝殿が倒壊した大将軍神社(24日午前11時36分、京都市東山区)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース